歩き方

歩き方

歩き方と言っても、普通に歩くだけではダイエット効果は得られないかもしれません。

それは、もともとの歩き方がダイエットに効果的な歩き方をしていないかもしれないからですね。

また、身体に負担をかけてしまう歩き方をしていると、ダイエットに成功する前に、身体を痛めてしまうかもしれません。

正しい歩き方、身体を痛めない歩き方をご紹介しますので、参考にしてみてください。

踵から落とす歩き方は身体を痛める

正しい歩き方として、踵から地面につく歩き方が一般的に言われています。

しかしながら、踵から足を落とすことは、身体全体に負担をもたらすきっかけだったりもします。

体重移動を行って歩行する際に、踵の一点に重さがかかる事で、つながっている膝、股関節、腰に負担がかかり、痛めてしまう可能性があるのです。

歩く際に重さを足の裏全体で支える事で、身体の重さが一点に集まってしまう事を避けなければならないのです。

膝を伸ばし切るのもNG

歩くときに膝を伸ばし切ってしまうのも、身体にとっては負担が大きい歩き方です。

膝は歩行の時にクッションの役割をします。伸ばし切ってしまうと、そのクッションの役割が出来ず、身体に大きな負担を与えてしまいます。

地面から帰ってくるエネルギーは瞬間的にも全体重を支える事になります。さらに移動という動きが加わっているので、身体にかかり続ける負荷は大きなものになります。

なので、少しクッションの役割ができるように、まっすぐ伸ばさない状態で歩くのがいいのです。

行進のような歩き方や、モデルの歩き方などは見た目だけを良くするもので、身体に対する負担を考えられた歩き方ではないので、見本にするのはやめましょう。

ダイエットの時に心がける歩く速度

身体に負担をかけない歩き方がわかったところで、ダイエットに効果が出るように歩く方法です。

普通に景色を眺めながら歩くのでは、あまり効果が期待できません。

もちろん毎日続けることで、軽い運動にはなるので、悪い事ではないですが、痩せるという事を大前提に持ってきたときには効果的な歩き方をした方が良いですよね。

とても簡単な事です。

少し早めに歩くことを意識してみましょう。

歩く速さを早める事でわかると思いますが、脚だけを動かしているところから、身体全体を動かさないとスピードに乗らないのがわかると思います。

脚だけの運動から、全身の運動に変わるを感じられるような歩き方で、スピードを出して「早歩き」をしましょう。

腕をしっかり振りながら歩く

スピードを出すには、腕をしっかり振る必要もあります。

腕をしっかり振る事で、さらに身体全身の運動になります。

身体の旋回にもつながるので、ウエスト周りが気になる方は腕を大きく振る事が大事です。

無理はしない

毎日続けるためには無理をしないことが重要です。

「今日はたくさん歩けそう」と思っても、いつものコース、いつもの時間で終わるようにしましょう。

ケガをしてしまうなど、続けるのが難しくなるような状況を作ってしまっては元も子もありません。

消費カロリーは蓄積する事は出来ないので、毎日続ける事が重要です。

身体を痛めてしまったら?

身体を痛めてしまったり、既に膝の調子が悪いという方は、水中歩行がおすすめです。

重力の負担が無いので、身体への負荷の軽減になります。

水中歩行で足回りの筋肉のケアをしてあげるのと、体力づくり、ダイエット運動の継続をしつつ、普通にウォーキングできる状態にしてあげるのが理想です。

おすすめサプリメント