ダイエットと睡眠

睡眠とダイエット

実は睡眠とダイエットには密接な関係がある事をあなたは知っていましたか?

睡眠は身体を休めるために取るものと思われがちですが、身体は寝ている間も働いています。

睡眠中にも脂肪の分解を行っているわけですね。

寝ている人と寝ていない人の差は1日で210kcalもあるとされていたりします。

寝ている時に働く痩せホルモン

睡眠中には通称"痩せホルモン"と言われるレプチンというホルモンが増え、無駄な食欲を抑えてくれる事が明らかになっています。

それはシカゴの大学の研究できちんと発表されているもので、さらには寝ていない人は食欲増進ホルモンのグレリンが増えてしまいます。

キチンとした睡眠をとる事で、カロリーもきちんと消費できる上に、無駄な食欲を抑えてくれるホルモンが分泌されるので、睡眠がキチンととれている人ととれていない人では体質自体で痩せやすいか痩せにくいかが分かれてしまうんですね。

質の良い睡眠とは

一番良い睡眠は22時~2時の間は寝ている事とよく聞きます。

また、成長ホルモンが一番分泌されやすいのは深い眠りに落ちた時とされています。

深い眠りに入りやすいタイミングは、眠りについてから3時間と言われています。

更に、コロンビア大学の研究で、睡眠時間が7時間の人に比べて、5時間の人は52%、4時間の人は73%も肥満率が高くなっているという事が明らかになっています。

質の良い睡眠をとるためには、22時には布団に入り、毎日7時間は寝るようにする事が大切なんですね。

寝る前にやってはいけない事

深い眠りにつく為に、ダイエットをするために、運動をしてから寝ようと考える人もいるかもしれません。

しかし、運動をすると脳に刺激が行くために、逆に目がさえてしまいます。

また同様に、テレビ、スマートフォン、パソコンなども刺激が強いので眠りの妨げになってしまいます。

最近ではブルーライトカットの眼鏡とかも出ていますが、日中コンピュータ作業が多い方などは日ごろから作業時にはブルーライトカットの眼鏡など活用するのも質の良い睡眠をとるのには良いかもしれないですね。

寝る前の食事も禁物

ダイエットをしている方には当たり前かもしれませんが、寝る前の食事は禁物です。

お腹の中に食べ物が残っていると、胃腸が活発に活動するため、深い眠りにつくことが出来なくなってしまいます。

寝る時には胃の中を空っぽの状態にしてあげるのが良いでしょう。

飲み会などで遅くなってしまう事もあるかもしれませんが、その際にも気を付けられるのであれば、時間を見て食事に手を伸ばすのを控えるようにしてみるのも良いかもしれませんね。

心地よい眠りの工夫をしてみる

やはりリラックスして寝る事が重要です。

優しい音楽を静かに流してみたり、アロマを炊いてみたりして、気持ちを落ち着く状態にしてあげます。

その状態で睡眠につくことで、身体も心もリラックスして深い眠りにつくことが出来るでしょう。

ダイエットの為だけではなく、アンチエイジングや日ごろの心身ともの疲れをいやすためにも、質の良い睡眠を心がけてみるのはいかがでしょうか?

おすすめサプリメント