サプリメントの成分説明

サプリメントの成分

サプリメントに含まれる成分はいろいろ

健康の為に摂取しているサプリメントにはさまざまな成分が含まれています。自分の身体の健康の為に、どんな成分を摂取すればよいか?サプリメントから健康を得るためには、健康サプリメントを選ぶときに必ず必要になる情報です。

例えば、ビタミンEは抗酸化作用がありますが、過剰摂取の症状として、吐き気や下痢、肝機能障害、筋力の低下が報告されていました。ご存知でしたか?健康を求めてサプリメントを摂取してるつもりが、健康を意識し過ぎる為に、身体に不調をきたしてしまいます。

アンチエイジングを意識しすぎて、サプリメントに期待し過ぎると、健康を害してしまう危険性もあるわけですね。

だから、正しくサプリメントに含まれる成分の情報を得たうえで、自分に必要な栄養素を知り、サプリメントを摂取する必要があります。

知識のある人に聞く

薬局・薬店には登録販売者(医薬品販売の資格を持つ方々)や薬剤師がいます。

一般用医薬品を扱うお店で、医薬品を販売するにあたって、副作用の危険がないように説明するために従事しています。

医薬品や健康食品に含まれる成分や薬の知識、健康状態についての知識を豊富に持っている者です。

身体の不調や健康維持をどのようにしたいかを相談することで、適切なサプリメントの提供をしてくれます。

医薬品やサプリメントには一緒に摂取しては逆効果になってしまう成分も多いので、知識のある人にキチンと質問をする事が大切です。

必要な栄養成分

同じような不調や悩みを持っている人でも、必要な栄養成分は人によって違います。

関節が痛い人、肩こりがひどい人、食生活のコントロールが難しい人、生活のリズムが崩れている人、スポーツでベストパフォーマンスを出したい人、気が無く長くスポーツを楽しみたい人etc...

結果症状は同じでも、元となる原因が違えば、対処の方法も変わってきますね。

「関節の調子が悪いなぁ~」と思えば、グルコサミン、コンドロイチン、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、Ⅱ型コラーゲン等、関節軟骨成分だけでもこれだけ出てきます。 年齢による軟骨成分の減少が原因であれば、ゆっくりと効果が期待できるグルコサミンやコンドロイチンでも良いでしょう。

炎症などを引き起こして、軟骨成分が直接の原因でない場合もあります。 その場合は別のサプリメントと合わせて摂取する必要や、場合によっては抗炎症作用のある医薬品を摂取する必要もあります。

身体の不調の改善、健康維持の為等身体の状態に合わせて摂取するように心がけましょう。

サプリメントの正しい知識をつける

成分別の効能・効果

栄養成分別に、サプリメントの効果・効能を知る必要があります。 販売されているサプリメントのほとんどが、法律によって、「このサプリメントは、この成分が入っているから、○○に効果があります!!」とストレートには言えないんですね。

機能性表示の承認をとった商品に関しては、効果・効能を言う事ができますが、優位性が出てくるため、価格も上がる事でしょう。 成分の分量等をキチンと知っていれば、もっと安く、より良いスペックを持った商品・サプリメントを手に入れる事が出来るかもしれないですね。

安全なサプリメント

美容・健康サプリメントでは、商品、原材料の安全性を前面にアピールしている商品もありますね。 自分の身体の事を考えている人に向けて広告をしているので、当然安全面にも意識が高いと思われます。

原材料の産出国がどこか?抽出方法は効率よく安心の抽出方法か? それだけではないと思われますが、そのポイントだけでも安心感が得られます。

安心・安全を追求するあまり、サプリメント本体の値段が高くなったりしておりますが、安心の為の保険と思って、きちんと情報が提示されている、安全なサプリメントを摂取されるようオススメいたします。

おすすめサプリメント