乳酸菌について

最近様々な製品に腸に有効な成分を入れ、「腸活」「菌活」といった言葉も出てきました。

あらゆる不調の元は腸内環境の乱れが原因の一つとして考えられています。

もしかしたら今の心配している体調不良は腸が関係しているかもしれません。

腸内環境を整える!といえば乳酸菌ですね。

乳酸菌にも色々な種類があります。CMとかインターネットとかでご覧になったこともあるかと思いますが、○○億個の乳酸菌!○○種類の乳酸菌!!といったように宣伝されていることがありますね。

名前は知っているけど、なぜ腸にいいのかご存知ですか?

摂った乳酸菌が腸内に住み着くからでしょうか? 実はそうではないのです!

乳酸菌の特徴や働きについて詳しくご紹介します。

乳酸菌サプリメント一覧を見る

乳酸菌とは

まず、乳酸菌という名前の菌はいません。

ブドウ糖から乳酸を作り出す力を持つ菌を総称して「乳酸菌」といいます。

乳酸菌は約600種類もあり、形も生存できる環境もそれぞれ異なっているのです。

人間の体内にすんでいるのは、各種類のビフィズス菌、アシドフィルス菌、フェカーリス菌などで、これらを善玉菌と呼んでいます。また、その働きをプロバイオティックスと呼んでいます。

不調が起きる仕組み

腸内には善玉菌と悪玉菌と日和見菌がいます。

  • 善玉菌:腸内環境を整えて、便通をよくする。
  • 悪玉菌:毒素を作り、腸内環境を悪化させる。
  • 日和見菌:善玉菌が優勢な時は害がない。悪玉菌が優勢になると一緒に毒素を作る。

悪玉菌は日々多くの毒素を発生させています。善玉菌の数が少なかったり、弱っていたりすると、毒素が排出されずに腸内に溜まっていきます。悪玉菌が過ごしやすい環境になり、さらに、毒素を発生させ、日和見菌も加勢します。

その毒素を腸が吸収し、全身をめぐることで様々なところで不調が生じるのです。

つまり、不調の原因は悪玉菌から作られる毒素が全身をめぐるからなのです。

さて、これらを改善するためには、どうすればいいのでしょうか…

こんな時こそ乳酸菌の助けが必要になってくるのです!

乳酸菌の働き

乳酸菌の代表的な働きは以下のようなものがあります。

  • 悪玉菌の増殖を抑え、殺す
  • 悪玉菌を排出する
  • 発生した毒素を抑える
  • 乳酸や酢酸を作り、腸内を弱酸性に保つ
  • 消化吸収の補助
  • 腸の蠕動運動を促す(便秘解消)
  • ビタミン(ビタミンB1、B6、B12、K)の生成

乳酸菌を食べ物で摂取すると、2つの働きに分かれます。

「生きたまま届く乳酸菌」(生菌)と「死滅してしまう乳酸菌」(死菌)です。

生菌の働き

生菌は腸内の善玉菌を増やすのを促しつつ、悪玉菌を殺す働きを持っています。

また、糖分を分解して乳酸を作り、酸性の環境にしてくれます。

さらにこの乳酸で腸を刺激し、蠕動運動を促してくれます。

死菌の働き

生菌や善玉菌のエサになるだけでなく、毒素を吸着させて排出させます。

また、腸壁にある免疫細胞を刺激し、抗菌性物質の分泌を促します。

乳酸菌の生菌や死菌の助けによって善玉菌が元気になり、悪玉菌を減らすことができます。

その結果、腸内の毒素が減り、栄養が吸収されやすくなるので、不調改善につながるのです。

希少価値の高い乳酸菌を摂取したから、自分の腸内に住み着いて、腸内環境がよくなったと思われている方がいます。

摂取した乳酸菌は腸内にいる善玉菌を助け、善玉菌を増やすのを促す働きをするだけで、腸に住みついて力を発揮するわけではないのです。

また、乳酸菌はほとんど胃酸や胆汁などで死滅し、死菌になってしまいます。

生菌を腸に届けるには特殊コーティングをした乳酸菌のサプリを選ぶと良いでしょう。

乳酸菌の働き

便通の改善をしたい

乳酸菌は現在確認されているだけで350種類以上あります。

もちろん似た機能性を持つ乳酸菌もいますが、別な機能性を持っている乳酸菌もいます。

今回は、特徴的な乳酸菌のご紹介をします。

ご自身の体調や健康的な悩みによって乳酸菌を選択してみてはいかがでしょうか。

便秘の状態の腸内は悪玉菌が優勢になっています。

また、普段は特に悪さをしない日和見菌も悪玉菌の仲間になって 腸内環境をさらに悪化させてしまいます。

このような状態の腸はアルカリ性に傾いています。

腸の状態が悪いと体調不良が起きたり、肌の態が悪くなったりします。

これを改善するには腸内を酸性にする必要があります。

腸内を酸性にすることで悪玉菌が住みにくい環境となり、善玉菌が住みやすい環境になるのです。 酸性になることで腸の運動も活発になり、お通じもよくなります。

便通の改善が期待できる菌
クレモリス菌FC株、フェリカス菌、ラクトバチルスガゼイ菌、ラブレ菌、ガゼリ菌、HK L-137、植物性乳酸菌、植物型ナノ乳酸菌

免疫力を強化したい

免疫力が低下すると風邪ひきやすかったり、インフルエンザなどのウィルスに負けやすくなってしまったりします。

実は腸には全身の60~70%免疫細胞が集中しています。

小腸にはパイエル板という異物を感知するセンサーがあり、異物を感知すると異物を排泄してくれるリンパ球が分泌されます。

腸内環境が良いとこの異物感知センサーのパイエル板の感度が良くなり、細菌やウィルスの排泄力が上がるということが分かってきました。

体調を崩しやすい人は免疫強化の乳酸菌を摂取して腸内環境を良くしておくといいですね。

免疫力強化が期待できる菌
EC-12株、BB536、HN019株、ビフィズス菌SP株、クレモリス菌FC株、R-1、L—92、シロタ株、プロテクト乳酸菌、HSK201、Th221

アトピー性皮膚炎の改善をしたい

アトピー性皮膚炎の原因はいまだに特定されていません。しかし、ヘルパーT細胞のTh2が働きすぎるとアレルギーになりやすいということは解明されています。

また、乳酸菌の中でもアトピー性皮膚炎に効果が認められているものもあります。

アトピー性皮膚炎の改善が期待できる菌
クレモリスFC株、GCL1176株、KW3110株、LGG菌、L-55株、L92株、LKM512株

乳酸菌サプリメント一覧を見る

おすすめサプリメント