きみの友達|重松清

重松清の作品は静かな空気が漂うものが多い気がしています。 独特の世界観というわけでもなく、悪く言えば『暗い』感じがします。その暗い空気の中になじむキャラクターと浮き出るキャラクターが出てくることで、それぞれのキャラクターの輪郭がハッキリして、読み終わった後にも残っている気がしてならない。 『その日のまえに』や『 ……

Read More